トップ > 中古 業務用ガステーブル ガスレンジ

中古 業務用ガステーブル ガスレンジ

ガスが食材のうまみを最大限に引き出すことができる理由は、炎が持つ多彩な「火」にあります。強火のよさ、とろ火のよさ、煮汁を対流させる加熱方法などの相乗効果でガスならではのおいしさが生まれます。火加減自在なガス火ならパワフルな炎と立ち上がりの早さで、美味しさを引き出すタイミングを逃しません。「煮る」調理では、ガスはなべ全体を加熱するため、大きくて早い対流が生じ、煮汁が均等に染み渡り、煮えムラが生じません。「炒める」調理では、ガスは調理時間が短いため「うまみ」や「水分」の損失が少なくてすみ、結果として食材の味が活かされます。「焼く」調理では、ガスは熱分布が均一なため仕上がりにムラがありません。しかも調理後の重量現象が少ないためおいしさを閉じ込めていることがわかります。進化したバーナーの内部炎口バーナーは、ガスの炎を内側に向けることにより熱効率を向上させ、強化力と低輻射を実現しました。パイロット点火、圧電点火、連続スパーク点火のガステーブル、安全性・機能性を追求したオーブン付ガスレンジ。取り扱いメーカーはフジマック、コメットカトウ、サンウェーブ、オザキなど様々。石鍋のような特殊な素材でも、ガスならすばやく加熱。「本物のビビンバ」を提供できるビビンバレンジは、山岡金属工業のピビンパガッツなどがあります。強い火力を求められる中華料理は、電気式に比べガス式なら食材投入後の温度復帰に大きな差が出ます。中華料理屋に必須な中華レンジは、タニコーのCR-50など、マルゼンのMRS-111Bなど一口のものから、寸胴を使うスープレンジ付きのタイプまであります。スープレンジは、ガス寸胴レンジやローレンジとも呼ばれ、寸胴を置いた状態の高さが作業に最適な高さに設定されています。従来「ガス厨房=熱い」と思われていましたが、排熱を集中排気し、機器からの放熱を大幅に削減することで、触っても熱くない、涼しいガス厨房機器「涼厨」がガステーブル、ガスレンジ、スープレンジなどでも続々登場しています。

全45件

ページトップへ